遺産分割協議書

遺言と相続の関係は一般的にどのようなものがありますか?

身内が亡くなってしまった場合、その人が生涯残した財産を相続人に引き継がれることになります。
財産の引き継ぎに関して、被相続人の遺志を執行できるのが、遺言書です。
遺言書は、被相続人の財産について、本人の意思が反映されるものになります。
なので法的な効果があるものだといえます。
ただし法的な効果を得るためには、正しい書き方をしなくてはいけません。

遺言書には、大きく分けて三種類あります。
一つ目は自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言があげられます。
自筆証書遺言は、本人によってすべてが手書きで作られているものです。
いつでも作成することができるため、多くの人が選ぶ方法です。
しかし明確な日付、署名、押印のどれかが足りない場合は、法的な効果がなく無効になってしまいます。

秘密証書遺言は自分で作った遺言を二人の証人とともに公証人役場で遺言書を保管してもらうという方法です。
自作の遺言書の場合、誰かに見つけてもらわなければ意味がありません。
秘密証書遺言は証人がいるので 遺言があることは確実にわかってもらえます。

公正証書遺言は、公証人役場で二人の証人とともに遺言内容を口頭で伝え、作成してもらいます。
一番遺言書としては、一番効力があり確かなものとして認識されています。

これらの遺言書は被相続人の最後の意思なので、最優先されなくてはいけません。
なので相続に関して、一番影響があるといえます。
被相続人も残された相続人が遺産を巡って争うことがないように配慮して作成することができます。

また本来なら 相続人には当てはまらない内縁関係の人認知していない子供などにも被相続人の遺志で相続が可能になります。
ただし100%遺言どおりに絶対に相続しなくてはいけないというわけではありません。
相続人全員の合意があれば遺言書ではなく遺産分割協議にて相続を決めることができます。

遺言書は被相続人の最後の望みでもあります。
なので本来であれば、遺言書が発見された場合は、それに従い相続するのが一番の供養ともいえます。
そして相続人すべてが納得しやすい方法であるといえます。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.