遺産分割協議書

遺言書が無い場合の相続の方法って一般的にどうするようになっていますか?


遺言書というと故人の資産がたくさん持っている金持ちの人が書くといったイメージがないでしょうか。
実際そういった方は必ず遺言書を作成しています。

しかし今では、一般家庭の人でも多くの人が遺言書を残しています。
それは、どんな人でも預貯金や車などの所有物などの財産を持っています。
よく相続で争いになり、弁護士などに依頼されてくるのは、遺産が多い家庭ばかりではないからです。
遺産がさほど多くない家庭の場合のほうが、かえって揉めるというケースも多いといわれています。
そのため、遺言書は故人の意思を反映するためにとても大事な者になあります。

しかし、実際遺言書が見つからなかった場合は、どのように相続を行ったらいいのでしょうか。
いざという時のことを考えて知っておくと安心でしょう。

遺言書がない場合、まず誰が相続人に値する人なのかということを明確にしなければいけません。
戸籍を取り寄せて確認する、もしくは家系図にのっとって確認しましょう。
法定相続人として認められている人は、第一に配偶者、第二に故人の子供、第三に直系の両親または祖父母、第四に兄弟姉妹になります。
配偶者はどのような場合でも一番の相続人としての権利があります。
ただし子供や両親がいる場合には、兄弟姉妹は相続人にはなれないということを知っておきましょう。
もし相続人として認められるはずの人が亡くなっている場合、その子供や孫に相続人になる権利が与えられます。

そして故人の相続に値する物をすべて整理しましょう。
不動産、預貯金、車や時計などの所有物、株など様々です。
本人の名義になっているものはすべて対象になるので、確認しておきましょう。

それらがすべて確認がでて初めて遺産相続に関する協議が行われます。
相続人同士の話し合いにより、どのようなaたちで相続されるのかを話し合います。
それによってきめられて内容を遺産分割協議書として作成します。
これが完成するまでは相続人すべてに相続の権利があるということになります。
そして財産を分割するためには、全員の実印が必要になります。
合意の上で実印を全員にもらい、名義を変更していくという手続きをとります。

不動産であれば、所有の土地の管轄の法務局への手続きが必要です。
預貯金に関しては、銀行窓口になります。
自動車は車のナンバーが登録されている運輸支局です。
株式に関しては、証券講座がある証券会社の窓口で行いましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.