遺産分割協議書

相続税と贈与税の違いって一般的にどのような物ですか?

日本では自分の財産を他人に譲る際には税金が発生します。
よく財産を譲渡する際に課税される税金として贈与税や相続税というフレーズを耳にするかと思います。

どちらも税金には変わりありませんが、一番の違いがあります。
それは非相続人が生前のうちに財産を贈与する場合が、贈与税と呼ばれます。
それに対して被相続人が死亡してから発生するのが相続税です。

もちろんかかってくる税率も異なります。
それ以前に被相続人の意思がどこまで反映されるのかということもとても重要です。
たとえば、遺言書を作成しても。相続人の合意があれば、遺産分割協議によって遺産分配が行われます。
もしもその遺産分割が自分の望みとは違う場合も考えられます。

しかし生前の贈与であれば、自分の意思の通り確実に財産を分与することができます。
年齢を重ねていくことに、自分の財産をどのようにするのかということで悩む人は大変増えてきています。
そのように分配すればいいのか、どうすればいちばん多い形で財産を残してあげられるのかと考えます。
誰でも同じ財産であれば、より高い利益を相続人に与えたいと思うのが当然の考えだといえます。
そのためには、相続税と贈与税の違いを知っておくといいでしょう。

まず基本的には、贈与税のほうが税金としては高いパーセンテージとなっています。
それは、もともと相続税を逃れたい人が生前に自分の財産を相続人に渡すことを防ぐために作られているからです。
なので年間110万以上の贈与をすると納税の義務が生じてきます。
1000万以上の場合半分の500万を納税しなくてはいけないほど、贈与税は高くなります。
税金がかからないようにするためには、現金は110万円以下でなければいけません。

また税金がかからない方法としては、ほかにも祖父母から孫への教育資金として資金を渡す場合なども非課税になります。
そのほかには冠婚葬祭のお祝い金、生命保険金なども子供名義にすることで非課税の対象になります。
このように財産が多く、相続税がかかるだろうと予測できる場合は、財産を非課税の状態で減らしていくのが賢い方法です。

また現金以外の財産でも、不動産や株式などはタイミング次第では早く贈与したほうがいいとされています。
それも不動産に関しては、都市開発などで不動産価値が数年後には上がるとわかっている場合もあります。
その場合、地価が上がってしまうため相続した際に多くの相続税がかかってしまいます。
それを防ぐために、まだ土地の価値が上がる前に贈与税として相続するのが良い方法だといえます。

相続する財産やタイミングによっては、相続税を払うのか贈与税を払うほうがいいのか分かれていきます。
なのでどのように財産を分割するのかを早い段階で決めておき、いつ財産を受けたすのがいいのか前もって考えておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.