遺産分割協議書

相続手続をするのに必要な書類って一般的にどのような物がありますか?

身内が亡くなった場合、残された人で故人の遺産を相続することになります。
その際には、相続の手続きが必要になります。
なぜなら被相続人の財産は亡くなったと認められてからは、法定相続人全員の共通の財産としてみなされます。
そのため、遺産の協議を行わなければ、分割することができません。

遺産の分割をする際にはまず、被相続人の遺産をすべて整理しなければいけません。
そして法定相続人の優先順位に従って、相続人として認められた人をまず決めなくてはいけません。
相続人を証明するためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を準備しなくてはいけません。
決められた人たちによって遺産分割がされていきます。
その分割の方法も二つあり、遺言書か遺産分割協議書のどちらかになります。
遺言書は被相続人の意思が一番反映されており、遺言状がある場合は一番優先されます。
それに対して遺産分割協議書は、相続人によって配分の目安が決まっているので、それに従って決められます。
どちらの方法でも相続人すべての合意のもとサインし、印鑑などの証明が必要になります。

相続の手続きに必ず必要になるのが、遺産分割協議書になります。
銀行での被相続人の口座変更や不動産の名義変更には欠かせません。
銀行での手続きの際には、そのほかにも相続人本人の戸籍謄本や住民票、相続人すべての印鑑登録証明書が必要になります。

不動産さんの場合は、相続する不動産の登記簿謄本、地積測量図・建物図面、公図を法務局で発行してもらいます。
そして土地と建物の権利書、土地を貸している場合は賃貸の契約書の写しなどが必要になります。

それぞれ相続するものによって必要書類が変わりますが、共通して必要な物もあります。
複数の物を相続する際には、住民票や戸籍謄本など何枚か多く発行しておきましょう。

中には相続人すべての印鑑証明が必要な場合もあります。
双方に手間がかからないように、前もって必要な書類は何があるのかを確認してから手続きに行くようにしましょう。


Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.