遺産分割協議書

相続した財産の名義変更は一般的に可能となっていますか?

身内が亡くなった場合問題として起きるのが相続問題です。
相続に関しては、各家庭によって財産なども大きく異なります。
うちはそこまでお金持ちではないから、争うほどでもないからと思う人もいるでしょう。
しかし、実際遺産問題でトラブルになってしまう人は、お金持ちだけではありません。

ほとんどの場合が、ごく一般家庭の人か、裕福な家庭の人が多いといわれています。
大金持ちの人は、遺産問題で揉めないように必ず遺言書を残しています。
しかも公正証書遺言の場合が多く、第三者によって開封され故人の遺志が尊重されます。
また生前に財産を贈与する人も多いので、そこまで問題になることも少ないといえます。

しかし遺言書がない場合は、その場で相続人の協議によって遺産が分割されます。
協議が終わり遺産分割協議書を作成されたら、初めて遺産をそれぞれの相続人に分割することができます。
それまでは遺産のすべては、相続人の共通の財産としてみなされます。
なので分割財産が決まったら、ただちに相続した財産を名義変更を行わなければいけません。

名義変更が必要な者は、口座に含まれた預貯金、不動産関連、車などの名義が必要な所有物、株などが挙げられます。
とくに税金などが発生する不動産や車などは、名義wk変更して遺憾ければ、売却などをすることができなくなります。
また固定資産税や自動車税などの支払いが、被相続人のもとへ請求がされてしまうため、税金の未納になってしまう可能性もあります。
なので、それぞれの財産が管理されている、法務局、運輸局、銀行などに手続きに行かなければいけません。

その際に必要な者は、遺産分割協議書と身分証明できるもの、実印や印鑑証明が必要な場合もあります。
なので名義変更を行う前に、事前に必要な書類の確認をしておくようにしましょう。

相続とは、名義変更を行っては決めて自分の財産として認められます。
なので遺産分割協議が行われてから速やかに名義変更を行いましょう。
そうすることで、相続税やその他税金や売却といった手段をとることができます。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.