遺産分割協議書

相続される財産は一般的にどのように評価されているのでしょうか?

相続に関しては、どのような家庭でも身内が亡くなった場合には必ず発生します。
相続する財産に関してはいろんな種類のものがあります。
被相続人の預貯金、不動産、株、自動車など様々な者があります。

実際相続人によって遺産分割される際、相続人が一人だった場合問題なく相続することができます。
ただし相続に関しては、配偶者のほかに、子供、被相続人の直系の両親や祖父母、兄弟姉妹などが相続人としての権利が発生します。
そのため、一人で財産を相続するということはかなり稀なことだといえます。
なので必ず遺産は、数人の相続人によって遺産分割をすることになります。

遺言書などがある場合は、その遺言書をもとに遺産は分配されるのが決まりとなります。
しかし遺言書がない場合は、法に従った分配方式によって遺産分割を行います。
預貯金であれば、均等に分けることができるため、あまり問題になることがありません。
ただし土地や所有物に関しては、平等に分けるのが難しくなります。
その際に分割の基準となるのが、評価額です。
それぞれの遺産に関して評価額を明確にすることで、スムーズに遺産分割協議を進めることができます。

たとえば、不動産の場合は、購入した時の価格と相続段階の時価は異なる場合がほとんどです。
評価の際には、相続の段階の時価で計算します。
路線価という国税庁で決められて、1平方メートル当たりの価格があります。
その価格に対して、面積をかけることで相続する土地の評価額がわかります。
そして建物の価値は固定資産税による評価額をもとに決められます。

土地も家屋の価値もどちらも相続の段階の評価額の2割ぐらい低い査定になります。
とくにマンションやアパートなどの宅地の場合は、簡単に美倍することができないことを理由に評価は低くなります。
通常の同じ土地に比べると半分の評価しか得られません。
なのでおなじお金をあげると税金が高くかかるのを、不動産で残すことで減税を行うことができます。

車やバイク、買い取りセンター査定額を出してもらうことで、車の価値を計算します。
また株に関しては、証券窓口にて相続時の取引価格を参考にしましょう。
このように査定をしっかり出すことで、平等に遺産を分割することができます。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.