遺産分割協議書

相続の時に名義変更をしなかった場合、一般的にどのような対処を取られますか?

身内の人が亡くなった時に、発生するのが遺産です。
被相続人名義のものは、すべて共通の財産としてみなされ相続人の間で話し合いのもと分割協議を行います。
分割協議後は、それぞれの遺産に関して名義変更を行うことで初めて遺産が相続人の財産となります。

ただし相続の際に名義変更をしなかった場合どのようになるのでしょうか。
まず預貯金に関しては、被相続人の死亡が確認されると、銀行口座が凍結されてしまいます。
そしてその時点で相続人全員の共通の財産になります。
なので、遺産分割協議書もしくは遺言書を持って行くことで、銀行口座の名義人を変更することができます。
名義変更を行わなければ、預貯金を引き出すことができないため、必ず行う人がほとんどです。

一番早期に名義変更を行ったほうがいいものは不動産です。
不動産は、名義変更を行う際に登記の変更などで多少の費用がかかります。
なので面倒だから行わないという人もいます。

実際名義を変えなくても、法律上は問題なく済めてしまうため、そのままほっておいてしまう人もいます。
しかし、いざその土地を処分する、建て替えをするなどといった場合に大変なことになりなります。
名義人でなければその土地をしようすることができないため、土地の相続人にあたる人に再度印鑑証明などの書類が必要になります。
たとえば、何世代も前の名義のままになっていると、相続人が孫の代にまで広がってしまっているため、多く人の合意が必要になります。
すんなり認めてもらえない場合なども考えられるため、手続きが長期かかる場合があります。
さらに司法書士にお願いしなくてはいけないほど、相続人が多くなってしまっている場合も多く、余分な費用がかかってしまいます。
すぐに不動産を処分する予定がなくても、名義変更だけは行うほうがいいでしょう。

また名義が変更されていなければ、まだ相続人の共通の財産とみなされています。
そのため、他の相続人によって勝手に売却されたり担保にしてお金を借りられるといった可能性もあります。
なので複雑になる前に、遺産分割協議で遺産の分割が決まったのであれば、なるべく早く名義変更を行いましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.