遺産分割協議書

相続の事で知っておかなければいけない事とは一般的にどのような物があるの?

大事な身内がなくなったという経験はあるでしょうか。
年齢を重ねるごとに両親や曾祖母の年齢も積み重なるため、相続人になる可能性は高くなります。

相続と聞くと、大金持ちのおうちの人が揉めるというイメージがあるのではないでしょうか。
しかし実際は、相続額が5000万円以下の場合の相続人同士が一番揉めてしまうのが現状です。
実際もめてしまった場合、当人同士で解決できない場合も出てきます。
そうなると弁護士を雇って、裁判をおこなうことになります。
裁判で争った結果、財産分与は確定しても弁護士費用などで大した財産は残らなかったという場合になるかもしれません。
そして大事な親戚や兄弟との関係も修復不可能になってしまう場合があります。
このような状態にならないためにも、相続に関しての知識を知っておく必要があります。

まず無くなる前に理想としては親族の中で、相続に関して話し合いをしておくといいでしょう。
そんな話は縁起が悪いといって、実際はなさないことが多いようです。
しかし相続は、亡くなられた人の意思が一番尊重されるべきことです。
なので縁起が悪いということよりも、意思の尊重として考えましょう。

そして今多くの人が故障になったのが遺言書です。
遺言書では、自分の財産をどのようにしてほしいのかということを明確に表すことができます。
本来遺言書がなければ、自分の財産は身内だけのものですが、遺言書では血のつながりと関係ない人にも贈与することができます。
ただし、法的に遺言書として認められるために正しい遺言書の書き方があります。
なので それに従って準備しなくてはいけません。
このような遺言書がまず本人に残してあるかどうかということが一番大事になります。
そして遺言書があった場合は、無くなった人の意思を尊重して、その通りに行わなければいけません。

相続人となる人には、まず亡くなった日から数えて3か月以内に財産を相続するのか破棄するのかを決めなくてはいけません。
財産といってもすべてがプラスになることばかりではありません。
そして金銭的なものだけでなく、不動産や車や貴金属などの物も相続の対象になります。
場合によっては負債を抱える可能性もあります。
もし受け取る財産よりも負債が多ければ損になります。
なので相続放棄といった手段をとることができます。
三か月を過ぎると自然と財産を引き継ぐという形になってしまうため、しっかり確認しておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.