遺産分割協議書

相続には手続きが必要なのはどうして?

相続というと、故人の生前の財産を故人の遺志によって引き継がれるものです。
今では多くの人が遺言書を残そうとしています。
昔は抱えている財産がたくさんある人が、自分の遺志で自分の財産を渡したいと思い作られてきました。
なので今でも遺言書は財産をたくさんある人が書くものだと思っている人もいます。

しかし今遺言書を書く人がとても増えてきています。
それは収入に関係なく、故人の遺志として尊重してほしいという気持ちも表わされています。
核家族化が進んだことで、相続人となる近親者との付き合いが疎遠になってしまっている家庭が増えてきています。
それによって、故人の明確な資産がわからないといったことも多々あります。
なので亡くなってからこんな財産があったんだと知られることもあります。
また逆に、負債を抱えることもる為、いろんな財産が発生してきます。

なのでまず、誰かが亡くなった場合、その人が抱えていたすべての財産に関して税金が発生してきます。
相続するためには、誰に何をどのようにして相続するのかということを明確にしなくてはいけません。
そのためにも、相続するためには手続きが必要になります。

手続きに関しては、引き継ぐものや引き継ぎ方によっても手続きの仕方が異なります。
相続人だけの住民票や印鑑証明だけでいいものが多いです。
しかし中には、相続人すべての人の印鑑証明も必要になる場合もあります。
なので思った以上に手続きに時間や手間がかかる場合があります。

亡くなってすぐは、お通や葬儀など悲しみの中決めていかなければいけないことがとてもたくさんあります。
そのため、相続に関しては49日をめどに相続人がそろって公表されることが多いです。

そこで遺言書があった場合はその場で開封され、故人の意思によって相続が決定します。
遺言書がない場合には、法に基づいて相続の権利がある人に対して決められた財産を相続することになります。

相続に関して、決められた一定の額以上の金額を相続する場合、相続税というものが発生しています。
これは法改正がされ徐々に引き下げられているのが現状です。
なので今までは8000万以上に相続税がかかっていたものが5000万以下でも相続税がかかる場合いがあります。
一軒家などで地価が高い場合は相続税に値する家庭がとてもふえてきているので、しっかりと手続きする必要があります。

また負債などがあった場合は、相続放棄という方法もあります。
これは、3カ月以内に行わなければ、負債を駆け込んでしまうため気をつけましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.