遺産分割協議書

相続は良い事ばかりなのはどうして?

相続とは亡くなった人の生前に所有している財産を、残されたものへと受け継がれることを指します。
相続に関しては、揉めることも多くそれをきっかけに近親者同士が醜い争いをするという悪いイメージをもたれる人多いでしょう。
どんなに今までいい関係が築けていても、相続をきっかけに関係がぎくしゃくなることはよくあることだそうです。
そうならないためにも、相続は身内で事前に話し合われるのが一番いい方法だといえます。

相続に関して遺言書がない場合は、法的に限られた人によって財産分与が行われます。
財産分与に関しては、配偶者が2/1、残りを子供が2/1を相続することになります。

相続といっても、そんなに貯金などもないから我が家には譲るほどのものがないと思っている人もいるかもしれません。
しかし以外にも預貯金以外にも引き継がれる財産はたくさんあります。

たとえば一番わかりやすいのが、不動産です。
持ち家の人、損ほかや綾土地を持っている人は、その土地の資産を計算して相続として請求することができます。
たとえば、土地の名義をそのまま変えることもできます。
それ以外に持ち家など分割できないものに関しては、その土地を売却して、財産にしてわけ与えることもできます。

それ以外には、株なども相続にあたります。
故人が持っていた株を売却しても資産になりますし、名義を変えることで、株主としての利益を得ることができます。

そのほかには、所有している財産があげられます。
たとえば、車、時計、趣味に関するコレクターのものなどほんとに細かいものまでが当てはまります。
これらは故人が生前に使用していた思い出深いものになります。
自分にとって一番思い出深いものをもらって、大事に保管したいという人も多いです。
大事な人が身近で見守ってくれているそんな気分にさせてくれます。

お金などは使えば無くなってしまうものですが、このような物はずっと大事に思い出とともに使用できる大事な相続品の一つといえます。

このように相続といっても現金だけではなく、異論ものが対象となります。
なので損することや悪いイメージだけでなく、いい事もたくさんあるということを知っておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.