遺産分割協議書

相続は人の本性が出るのはどうして?

相続とは故人の財産を残された人で引き継ぐことです。
よく裕福な家庭で多くの財産があり、揉めてしまうというというイメージがあります。
中には財産目当てで結婚してしまう人もいるほど、相続とは人生を左右してしまう場合もあるといえます。

とくに配偶者にあたる人には、遺言書がない場合は相手の財産の半分が相続される場合が多いです。
そして半分以外の財産は、子供や兄弟などにも権利が発生します。
そして以外に、相続できる人はどこまでなのかということを詳しく知っている人は意外に少ないです。
そのため、私にも権利があるのではと主張してくる親族もいます。
なので余計に揉めてしまうことが多くなります。

とくに財産が多い場合は、分割したとしても多くの財産を引き継ぐことができます。
なのですこしでも多くもらいたいという欲が出てしまう人が多いです。

またそんなに引きつく財産がないからそこまで揉めないのでは?と思っている人もいるでしょう。
しかし、そこまで多くない財産でも、相続する本人に対してはお金は直接生活が豊かになるものです。
なのでどうしても争い事が起きてしまいます。

今まで故人の前では大人しくしていた人でも、亡くなったら関係ないと手のひら変えるような態度になる人もいます。
それは故人に対して気に入られて、財産分与を多くもらいたいから生前は、みんなの前ではいい顔をしているという人もいるでしょう。
相続は故人の財産を故人が亡くなってから決めるものになるため、今まであばけなかった本性が出ることもあります。

最終的にこの似様な状態になると、どうしても双方が納得いく財産分与の方法が見つけられない場合が多くなってしまいます。
すると、弁護士を立てて、家庭裁判所で相続にかんして争うという可能性が高くなります。
そこまでこじれてしまった関係は、裁判後今までのような付き合いができることはないでしょう。

故人がこのような状態を望んでいるとは思えません。
こうならないためには、生存しているときに相続人になる人たちを集めて、相続に関する話をしておくことが一番です。
憶測ではなく故人の遺志もはっきり聞くことができます。

それが難しい場合は、遺言書をしっかり残しておくことです。
故人の遺志が一番優先されるべきであるため、法的に効果がある遺言書を残しましょう。
できれば公正証書遺言を第三者を通じて作成しておくと、法的にも無効になることはありません。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.