遺産分割協議書

プラスで税金がかかる分割協議のやり直しとは一般的にどのような物ですか?

遺産相続は、被相続人が亡くなってからなるべく早く行うことがいいとされています。
その理由としては財産の放棄をする場合は、期限があるからです。
期限は被相続人が死亡してから3か月以内でなければ、負債なども含めてすべての財産を相続しなくてはいけません。

そして相続税に関しても、死亡してから10カ月以内に相続税を納付しなくてはいけません。
金額によって納付税が異なります。
なので遺産の相続の手続きをした後に、税金の納付が来て初めて相続税がいくらかかると知る人も多いです。
税金のことを想定していない状態で、相続の分割を行って他の相続人よりも不利なのではと思う人もいるかもしれません。
そんなときに、分割協議のやり直しは可能なのでしょうか?

遺産分割協議とは、遺産を分割する相続人全員によって納得して合意のもと成立したものです。
なので一度成立すると決定事項に対する効力が生まれます。
そのため簡単には、無効ややり直しといった方法をとることは難しいといえます。

たとえば、代償相続といって不動産を一人の人が相続する場合、その土地を分割した分に相当する金額をほかの相続人に支払う相続もあります。
その代償相続で他の相続人に金銭が支払われない状態でも、遺産分割協議のやり直しはできないといわれるほどです。
なので税金のために分割協議のやり直しは、とても難しいといえます。

例外としては、相続人の全員の合意があれば、以前に決定した分割協議書を解除することも可能です。
そして再度話し合いを行い、新たな分割協議書を作成することができます。
ただし一祖手にした相続分をもう一度相続人の共通の財産になるわけです。
なので前回の遺産相続に不満がない人にとっては、合意する可能性は難しいといえます。

実際無効になったケースとしては、本来共通の遺産を隠し持っていて一人の相続人が独占してて相続していたことが分かった場合などが挙げられます。
よって相続される場合は、税金のことも理解して把握した状態で、相続を決定することがお勧めです。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.