遺産分割協議書

お葬式費用は遺産相続から出すのはどうして?

身内が亡くなるときは、急な時もあれば、病気などで予知できる場合に分かれます。
どちらにしてもお葬式は、故人の最期見届ける大事な儀式になります。
そのためお世話になった多くの人に見守られながら、お葬式は行われます。
よってお葬式をするにあたって、平均的に200万近いお金がかかるといわれています。
さらにはお葬式代以外にも、これから先の法事やお墓などのお金も必要になるため、300万以上のお金がかかってきていまいます。

損ためお葬式を行うということは、残された身内にとっても金銭的に負担がかかってしまいます。
なので今では生前のうちから、せめてお葬式分は貯蓄できるようにと保険などをかけている人が増えました。

そんなお葬式代は誰がどのように負担するのでしょうか。
残された遺産相続から出すこともできるのでしょうか。

これに関しては、人によって大きく考えが異なります。
まずお葬式を行うためには、必ず喪主が存在します。
故人にとって一番近い存在の人が行う場合が多いです。
この喪主がお葬式の費用をまかなうといったケースが多いです。

相続人同士で考えた方がことなりますが、お葬式の費用はお香典の総額に対して差額が出た場合に必要になります。
遺産相続の後に、お香典よりお葬式の費用が多くかかった場合は、他の相続人から差額を請求することはできません。
そのため、トラブルの原因になってしまう可能性があります。
よって遺産を分割相続する前にお葬式代を遺産相続から出すという方法を選ぶ人たちもいます。

その際、これだけの費用をかけなくてもよかったのにと揉めてしまう場合もあります。
自分の遺産が減ってしまうことを懸念している人もいます。
お葬式の規模などのも相続人によって考え方が違うので、一緒に話し合うようにしましょう。

また喪主になった人にとって、今後お法事や墓を建てるなど費用が発生する可能性があります。
なのでそういった費用も考慮したうえで、遺産相続の話し合いをすると、後々トラブルになりにくくなります。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.