遺産分割協議書

自動車は遺産として相続する事は一般的に可能ですか?

遺産は被相続人が生前に故人の所有物として使用していたものがすべて当てはまります。
相続というと、預貯金や不動産、株式夜会社経営などが思い浮かぶ人が多いでしょう。
そのため、裕福な家庭が相続を行うものだと思っている人もいます。
なので 一般家庭では、そんなに遺産として引き継ぐものがないから関係ないと決めつけてしまっている人もいます。

しかし以外に身の回りの身近な者でも被相続人名義のものはたくさんあります。
たとえば、バイクや指導者といった交通手段として必要なもの、電話回線なども名義人が被相続人の名前であれば、遺産の一つとして考えられます。
とくに自動車などは、各家庭一台をみんなで使用している家庭も多いです。
なので、名義人は被相続人であっても、みんなの財産として考えられる人が多いです。

しかし車に関しても、遺産の一つとして名義人の変更を行わない限りは相続人の共通の財産となります。
なので相続人の名義に変更しなくてはいけません。
もし変更していない場合、毎年支払う自動車税の支払いが被相続人の名前と住所に送られてしまいます。
借家などで引き払ってしまっている場合は、振込用紙が届かず未納のままになってしまいます。
すると遅延料金が発生したり、車検の際にまとめて支払わなければいけない状態になります。

また自賠責保険の加入の際にも、名義人の変更が必要になります。
さらに来る前の期変えなどによる、売却や廃車の手続きも、名義人の変更を行っていなければ廃車することができません。
なので自動車も必ず遺産として、遺産分割協議の際に話し合いをして決定し、早く名義人変更を行いましょう。

そのまま放置しておくと、そのほかの相続人によって勝手に売却されたりしてしまう場合があります。
なので遺産分割協議書において車の相続人であることを証明する書類を準備しましょう。
そして車メンバーが管理されている陸運局に行って、必要書類に記入し手続きを行うようにしましょう。
手続きが正しく行われていれば、翌年の自動車税の請求書が、相続人の名前で送られています。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.