遺産分割協議書

遺産分割協議とは一般的にどのような事ですか?

大事な身内の人が亡くなってしまったとき、かならずおきるのが遺産相続です。
遺産相続は、配偶者並びに故人の血縁関係がある人が相続人として認められます。

相続人には優先順位があります。
どんな場合でも必ず相続できるのが配偶者です。
配偶者といっても法的に婚姻関係が認められなければ、相続人にはなれません。
今では事実婚や内縁関係にある家庭も増えてきています。
婚姻届が出されていなくても、生活上夫婦でいることはできますが、相続人なることは法的に認められていません。

まず相続に関しては、優先順位がありそれによって分割される割合も異なります。
配偶者以外の優先順位としては、第一に子供、第二に両親、祖父母、第三が兄弟姉妹になります。
なので、通常故人の配偶者と子供が相続する場合が多いです。
しかし子供がいない夫婦は、配偶者と故人の直系の両親か祖父母が相続人になります。
もし子供がいない夫婦で両親や祖父母が亡くなっている場合は、兄弟姉妹が相続人になります。

このように優先順位によって相続人として選ばれた人たちによって行われるのが、遺産分割協議です。
なのでまずだれ遺産相続人として認められているのかということをはっきりさせなければいけません。

そして法的な基準に沿って遺産の分割を行います。
相続人が協議の結果、全員の合意があって初めて遺産分割協議を作成することができます。
出来上がった遺産相続協議書に従って遺産分割をし、名義変更など行います。
婚協議書がサック性されるまでは、遺産はすべて相続人共通ものとしてみなされます、
そのため、個人が勝手に預金通帳を引き出したりといったことはできません。
銀行も死亡が確認できた際には口座を封鎖するなどといった手段がとられます。

遺産分割協議に関しては、個人の相続に関わるすべてのものをまず整理しなくてはいけません。
預貯金や不動産、株、車などの所有物などがあります。
なのですぐに行われるものではありません。
よって多くの場合は、相続人になる可能性の高い人たちが再度集まる四十九日の法事の際に行われることが多いです。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.