遺産分割協議書

不動産の相続に必要な手続きは一般的にどのような物がありますか?

親しい身内が亡くなってしまったときに必ず発生するのが相続です。
亡くなった人の名義になっているもすべてにおいて関わってきます。
なので預貯金だけでなく、不動産、車などの所有物などにも関わってきます。

相続に関しては、人によって所有する財産が異なります。
しかし、すくなからずあるものです。
多かれ少なかれ、残された身内が揉めないように生前のうちに対処しておくといいでしょう。

中でも一番揉めてしまうのが、不動産です。
預貯金などは、遺言状もしくは法的な金利によって相続することができます。
しかし、不動産はお金と違ってわけることが難しいものです。
さらに価値も場合によっては大きく変わることもあり、争いごとになりやすくなります。

そんな不動産を相続するためにどのような手続きが必要になるのかご存知ですか?
なんとなく難しいのでは?故人で行うのは無理なのでは?と思う人もいるでしょう。
そこでどのような手続きなのか知っておきましょう。

不動産は亡くなってから名義を変えずにほっておくと、相続人の数がどんどん増えていってしまいます。
そのため、なるべく早く行うということが鉄則です。
とくに土地を売りたい、立て直したいなどといった場合、故人の名義人では手続きできません。
とくに親戚づきあいが希薄になりつつある現代において、多くの相続人に対して了解を得るのが難しくなって来ます。
なので司法書士に依頼して代行してもらう場合が多くなります。

もちろん自分でも行うことはできます。
ただし時間と労力を考えると時間がたてばたつほど、とても大変な作業になります。
中には行方が分からないという人もいる可能性もあります。
そうならないためにも早めに対応しておきましょう。

そこで不動産の相続に必要な書類からまず揃えます。
まず必要になるのが、所有権移転登記申請書です。
これを記入して法務局に提出しなくてはいけません。
それと同時にいろんな書類を提出する必要があります。

まず亡くなった人の除籍、戸籍の謄本です。
亡くなった人と相続する人との関係を表すものになります。
亡くなった人の出生から死亡までの戸籍が櫃湯で、本籍が途中で変わっている場合は、各市町村に請求しなくてはいけません。

そして相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明が必要になります。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.