遺産分割協議書

法定相続分の活用方法って一般的にどのような物ですか?

身内が亡くなった場合、故人の財産が相続という形で引き継がれます。
亡くなった時点で、一緒に住んでいる加須奥でも、故人の財産は亡くなった人のものとして考えられます。
そのため、相続に関係する人たちの承諾を経てから相続しなくてはいけません。

遺言状が書かれていた場合は、その遺言状が故人の死後の意思として反映されます。
なので遺言状の通りに相続を行うことになります。
身内だでなく第三者の何の血縁関係にない人でも相続人になることがあります。

しかし遺書などがない倍には、法定相続という形をとることになります。
法定相続とは、相続人の優先順位が決められています。
それに従って相続を行うことを指します。

法定相続において、必ず相続人になる人物は、故人の配偶者になります。
必ず配偶者は半分以上の相続を得ることになります。

必ず戸籍上の配偶者でなければいけません。
事実婚、内縁の関係では、相続の対象になりませんので注意しておきましょう。

そして次に相続の対象になるのが、故人の子供です。
故人の子供は、配偶者が生存していた場合は、相続の半分を子供の人数で割った財産を受け取ることになります。
たとえば、故人の配偶者がいて子供が二人いた場合は、1/2が配偶者にわたります。
そして残り1/2を2人で分けるため、一人当たり全体の1/4づつを相続するという形になります。
故人の子供に関しては配偶者の子供でなくても、故人が認知している子供もしくは養子縁組を組んだ子供にも相続の権利が発生します。

故人と配偶者の間に子供がいない場合は、次に直系の親か祖父母が相続人になります。
この場合、全治の2/3の財産を配偶者が受け取る形になります。
そしてそこりの1/3の財産を両親と祖父母で均等に敏活して相続するという形になります。
もし配偶者と故人の両親が相続人の場合は、2/3を配偶者が相続します。
のこり1/3を二人で均等に分割するため、一人当たり1/6の相続になります。

もし故人がなくなったときに故人に子供も両親もいない場合があります。
その場合は配偶者と兄弟姉妹で遺産を分割します。
この場合は配偶者には、3/4相続することになります。
そして1/4を兄弟姉妹で相続することになります。
もし配偶者がいて、故人が3人兄弟だった場合配偶者と2人の兄弟によって相続されます。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.