遺産分割協議書

銀行預金が封鎖されるのはどうして?

身内で誰か亡くなった時によく困ったことの一つとしてあげられることがあります。
それは故人の名義の銀行口座からお金を引き出そうとしても引き出せなくなっているということです。
故人が亡くなった際には、悲しみに浸る間もなく、お通夜夜葬儀の準備などを行わなければいけません。
なので急にあわただしくなってしまいます。

そしてひと段落したとしても、葬儀にかかった費用などを支払わなければいけません。
葬式の費用は思った以上にかかってしまうため、驚かれる方も多いです。
平均的に考えても150万から200万近くの費用がかかります。
なのでとりあえずその場は建て替えりして支払う、もしくは故人の口座からお金を引き出しておけばいいかなと思う人もいるでしょう。
しかし、いざお金が必要だとなっても銀行では、預金が引き出しできないように封鎖されてしまいます。

生前は本人で、ハンコなしでもキャッシュカードなどで、配偶者の口座からお金を自由に引き出すことができました。
それが亡くなったらできなくなってしまい、驚く人もいるでしょう。
よく亡くなってからすぐに銀行からある程度必要なお金を引き出したほうがいいよと言われることもあります。
なので、故人が自宅に戻ってくるまでの間に、口座などからお金を引き出す人もいます。
本来は行ってはいけないことなのですが、そういう方法をとる人も多いです。

なぜこのように銀行預金が封鎖されてしまうのでしょうか。
それは亡くなった人の預貯金は、相続に値するものだからです。
今までは配偶者など、決まった人が自由にお金を使用することができていました。
それが、亡くなってしまうと相続人全員のものとして考えられます。
なので疎特定の人がお金を引き出して使用するのはいけないとされています。

相続となった預貯金は、遺産分割協議をしてから名義変更を行い預貯金を分割していくことになります。
それまでは相続人共通の遺産としてみなされます。
もしも生前に預貯金を引き落としていた場合は、銀行などで取引を確認することが可能です。
なので税務署などで、相続税や贈与税などの対象になる場合があります。

相続人が法の下平等に財産を相続されるためにも銀行預金は封鎖されるようになっています。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.