遺産分割協議書

どれくらいの財産があれば相続税は一般的にかかりますか?

相続の手続きには、まず相続人がだれにあたるのかを明確にします。
配偶者がいればまず必ず相続人として認められます。
その次に子供、直系の両親、そして被相続人の兄弟姉妹に権利があります。
その順番で相続人を決定します。

そして被相続人の名義の財産をすべて整理していきます。
被相続人の名義のものは、死亡から10カ月以内に名義変更を行うと相続税の請求がきます。
その税金を納めることで、相続人の共通の財産から一人の相続人のものへと変わります。

よくテレビなどでは、相続税に対する税金対策についての特集などの番組があります。
実際どのぐらいの相続があった場合、相続税が発生するのでしょうか。

まず相続税に関しては、相続税の基礎控除があります。
基礎控除とは、5000万円+(1000万×法定相続人の数)によって決まります。
たとえば、夫婦とこども3人の5人家族で、夫が亡くなった場合の相続税の基礎控除は以下の通りになります。
配偶者と子供3人が法定相続人になるため、5000万+1000万×4人で9000万円の基礎控除を受けることができます。
なので遺産の総額が9000万円以上でなければ、相続税はかからないということになります。

よって一般家庭の相続に関しては、ほとんど相続税を払うことなる遺産を分割することができます。
しかし時価が高い地域に持ち家を所持している場合は、不動産だけで遺産のほとんどを占めてしまう場合があります。
すると、預貯金などを含めると遺産相続の対象になってしまう可能性があります。

ただし、多くの遺産を手にする場合でも配偶者には、1億6000万の特別配偶者控除を受けることができます。
なので、配偶者の場合は非課税になる場合が多いです。

また小規模宅地の評価減制度もあります。
事業用の土地で400u、自宅なら240u、それ以外では200uの広さ分に評価を下げることができます。
どの土地を選んでも構わないため、地価の高いものを優先するもしくは敷地面積を優先して選ぶことも可能です。
この措置を受ケルト最大80パーセントの評価額を下げることができます。
なので基礎控除額にも余裕が生まれ、相続税の対象を減らすことができます。

Copyright(C) 2013 大切な未来のために必要な事 All Rights Reserved.